読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アロマ男子ふーみんが使う 今日のエッセンシャルオイル

男でもアロマ!!そんな時代でしょ?

カシア

アロマ

アロマ男子ふーみんです^^

今日は 秋にぴったりの

カシア エッセンシャルオイル

を紹介します☆

 

f:id:aroma-aspire:20161026140159j:plain

ローリエの名前でよく知られているカシア(月桂樹)。

勝利者の冠にも使われているカシア(月桂樹)は、最も古いスパイスの一つで数々のお料理の臭み消しなどで使われています。

 

古くから発熱、解熱、鎮痛、健胃などの作用で漢方薬にも処方される重要な生薬です。

樹皮には、アルデヒドなどのエッセンシャルオイルの成分が含まれています。

 

そして、甘辛い特有の強い芳香は身体の不調をサポートしてくれます。

 

● 下痢
● 心配性
● 不安 鬱(うつ)
● ストレス
● 発汗
● 解熱
● 鎮痛
● 健胃

 

気になる部分に1:4の割合でキャリアオイルで薄め、直接塗ってください。

また、お料理にも使えますのでカレーや肉の臭み消しに使いより一層美味しい料理になります。

アイスティーにオイルを1滴垂らせば、フレーバーティーとして楽しむこともでき、抗菌作用があるので下痢をしているときにもおススメします。

 

 

 

 

シナモンとカシアの違い?

f:id:aroma-aspire:20161026140653j:plain


よくカシアとシナモンは同じものとして考えられています。

確かにたくさん似ている点はありますが、

実はシナモン樹皮とカシアエッセンシャルオイルには大きな違いがあります。

シナモンはの学名はCinnamomum zeylanicum、そしてカシアはCinnamomum Cassia

両者とも「シナモン」と呼ばれており、似たような用途に使われています。

f:id:aroma-aspire:20161026140929j:plain


しかし、シナモンオイルはシナモンの木の樹皮からオイルが抽出され、

カシアはカシアの低木の茎や樹皮から抽出されます。

また、化学成分を見てみるとアルデヒドという化学成分の値域などが異なっています。

どちらが優れているなどはありませんが、

お口の健康、そして空気をキレイにしたいという方にはシナモン、そして

健やかなおなかの働きをサポートしたい方、気分を上げたい方にはカシアを

オススメしています。

とても似ていて、ほとんど同じ用途に使われることが多いこの2つですが、

それぞれの働きが少し違ったんですね

どちらも秋にぴったりなオイルですので

ぜひ使ってみて下さい^^

 

f:id:aroma-aspire:20161026141546p:plain

明日はシナモン紹介します♪