アロマ男子ふーみんが使う 今日のエッセンシャルオイル

男でもアロマ!!そんな時代でしょ?

男性注目!アロマ!!

アロマ男子ふーみんです

アロマテラピーは女性が楽しむもの、というイメージを持っていませんか?ストレスが溜まったり、心身ともに疲れてしまうのは、性別は関係ないのではないでしょうか。男女問わず、疲れがたまると、性欲を感じなくなることがありますよね。最近では男性側の原因で不妊になることも増えているそうです。

 

f:id:aroma-aspire:20161204022533j:plain

アロマテラピーで使う精油には気持ちをときほぐし、メンタルケアをしながら男性機能の向上が期待できるものもあるんです。

 

<参考>

WHO(世界保健機構)の不妊症原因調査によると、男性のみに原因があるケース24%、女性のみ41%、男女とも24%、原因不明11%というデータが報告されています。

cause_of_infertility

なんと、男性にも不妊の原因がある割合は48%と約半数であることがわかりました。このことから、最近では男性も不妊検査や不妊治療を積極的に行う方が増え夫婦で協力し合って不妊を乗り越えるケースが多いようです。

 

 

【催淫作用のあるアロマ】

f:id:aroma-aspire:20161204022949j:plain

催淫(さいいん)作用とは、性欲を高める作用といわれていますが、精油は薬ではありません。ですから、精力剤のように直接男性機能に働きかけるものというよりは、ストレスを和らげて、幸福感を感じられるようになることにって、パートナーとの距離を縮めることに役立つ、と考えた方がいいでしょう。また、怪しげな媚薬とも違いますから、安心して使うことが出来ます。

 

ジャスミン

f:id:aroma-aspire:20161204023227j:plain

むせ返るようなとても濃厚な香りは、男性の生殖器系のトラブルに有効だとされています。

精子の数を増加させ、不妊症の改善をサポートするともいわれていますが、それは強力なリラクゼーション作用によるものだと考えられています。鎮静効果が強いため、車の運転など集中力が必要なときには使わない方がいいでしょう。

 

<イランイラン>

f:id:aroma-aspire:20161204023251j:plain

とても濃厚な南国の花のエキゾチックな香り。「貧乏人のジャスミン」とも呼ばれます。インドネシアでは、新婚カップルのベッドにこの花をまき散らすという素敵な習慣があるそうですよ。

甘くヘビーな香りですが、どこか温かみのある香りでもあります。疲れた心をときほぐし、リラックスさせてくれます。好き嫌いの分かれる香りですが、柑橘系のアロマとブレンドすると使いやすくなります。

 

<サンダルウッド>

f:id:aroma-aspire:20161204023354j:plain

古代から宗教儀式にも使われてきた深いリラクゼーション効果のある香りです。不安や怒りなどの感情で心が冷えきってしまっている時に、それらを根底から解消し、穏やかな気持ちにしてくれます。幸福感に包まれることによって性的な障害も取り除いてくれるでしょう。

 

 

 

 

f:id:aroma-aspire:20161204023827j:plain

 

以上

男性もアロマの時代

使っていきましょう!!!